菩提樹 ルドラクシャ

スピリチュアルな本当の生き方を見つけよう!

【パワースポット】ご縁がある所、神様に呼ばれるということ【1社目】鹿島神宮

ランキング登録しました♪ 是非クリック応援お願い致します(^^)

【パワースポット紹介】社目

趣味で日本中の神社、盤座、パワースポットを回っています♪仕事でも様々なパワースポットツアーを企画させてもらい本当に様々な場所に行かせてもらいました。導かれたとしか思えない様々な場所、そんなパワースポットを紹介したいなと思います^^ 

 

【どこの神社にいくことにするのか? ご縁がある場所へ呼ばれる感覚】

ぼくにとって特別ご縁を感じている場所の一つが「鹿島神宮」です。何故かわかりませんが9年ほど前からほぼ毎年1回は必ず、参拝させていただいています。どうしてかわからないのですが急に行きたくなるんです。

 

だいたい年末が近づいてくる頃に、

なんとなくどこか行ったら楽しいだろうな!

自分だけのゆったりした時間がすごしたいな!

そう思い始めてきて

 

最初は鹿島様が頭にすぐに浮かぶわけではないのですが、

 

だんだんと茨木県が気になったり、

太平洋が気になったり、

北に行きたくなったりしてきて、

 

そしてふと、ある休日を迎える前の晩や

休日の早朝にハッと気が付くんです。

 

ああ鹿島様に最近、ご挨拶していない!と

 

この時の感覚は「いかなきゃ!」って感覚です。

 

そんなときは「神様に呼ばれちゃった~」

なんて、思って行くって決めるわけなんです。

 

 

【神様に呼ばれるという感覚ってなに?】

 

ただ実際「神様に呼ばれた、導かれた」
そう表現をする人はたくさんいますが、

 

本当は、自分が行きたくなっているんです。

 

自分の気持ちにただ気が付いたのです。


詳しく言うと、
自分のハートがある瞬間「神社」のエネルギーと共鳴して動き出した。
それで急に行きたくなるんです!

 

それが、急に気が付く感覚なので

みなさんまるで

「神様に呼ばれたような」

気分になります。

 

ただ実際は

あなたの中の心の反応です

あなたの中の神様
あなたの中にいる神性さ
「ここに行きたい!」って動きはじめたのです。

このとき人は神様に呼びかけられたと感じるんです。

 

 

【神様に呼ばれたどうするの?】

 

神様に呼びかけられた感覚これは

あくまで自分の中から生まれた感覚なのです

 

だから、

「神様から指示をもらったのでいかなくてはならない」

「万難を排してでも従わなければならない」

なんてことはありません!

 

ほかの予定があれば、気が乗らなければ、

大変であれば、別に行かないでよいのです。

 

「呼ばれた」って感覚に流されることが一番いけません。

 それは外の神様に、あなたの生命をゆだねることです。依存です。

 

あなたが
無理にスケジュールを作って予定をドタキャンして、
仕事を仮病で休んで、ほかの人に迷惑をかけて
神社参拝をする

「それで神様が喜ぶと思いますか?」

 

これはスピリチュアルを学んだ人の陥りやすい罠です。

 

この世界に生まれてきた僕たちが、まず一番に大事にすべきは、
この三次元に存在する自分周りの人たち」です。

 

そこを犠牲にして行う「スピリチュアルな行為」に本物は存在しえないです。

 

神社参拝をする前に、まず回りに迷惑をかけないこと、
これがとても大事なことです。

 

【自分の中の声に従う】

 

だけど誰かに迷惑かけることがないのであれば、
すべて、フォローができる、ありがたい環境であれば、

 

自分の中の神様の声に従って、
ぜひ行ってみてください!

 

呼ばれたって感覚」をまずはじっくりと自分の状況と照らし合わせ
ちゃんと考えて、自分で行くことを判断すること

 

この手順がしっかりあるのであれば、
あとは自由に決めれば良いのです。

 

「行きたい」という感覚は、あなたの中の神様が振動したことで始まっています。

その心に従っていけば、素晴らしい体験が待っていることでしょう♪

 

  • 本殿の前にたったとき、何かしらの体験をするかもしれません。
  • 神社の地で誰かと出会うかもしれません。
  • ただ癒しが起こるかもしれません。
  • シンクロニシティ、ご縁、前兆、様々な奇跡が現れるかもしれません。
  • もちろん、なにかが起こったとは感じないこともあるかもしれません。

 

なにがあろうとなかろうと
自分のハートに従って参拝した
その行為そのものがとても美しく尊いものです。

 

その「行きたい」を現実化させたことで、
あなたは自分の内なる神をこの世界に表現したのです。

 

これが
「神様を表現すること」
「自分が神様になること」
なのです。

 

 

鹿島神宮様】

f:id:rudraksha:20180227022351j:plain

西の一の鳥居 途中のバスから見えます^^



 

さてやっと本題です(^^
僕は先ほどの感覚に従って、本当にふらっと鹿島神宮に参拝します。

 

東京にいると鹿島様は本当に簡単に行けます。
ただ東京駅にいってバスに乗るだけです。
バスで二時間、寝たり、本読んだり、好きにしていれば鹿島様は目の前です!

 

 

鹿島神宮とは】

全国の鹿島神社の総本山で、神武天皇元年創建といわれる日本有数の伝統をもつ、北関東を代表する古社です。ご祭神の武甕槌大神は日本建国(大和朝廷建国)に強く関わった神様で、古くから日本の守護神として信仰を集めてきた神社です。

 

f:id:rudraksha:20180228160059j:plain

御本殿。少し昔の写真で最近は少し変わってますー

鹿島神宮
茨城県鹿嶋市宮中 2306-1
TEL 0299-82-1209

アクセス・駐車場 | 鹿島神宮

【スポット紹介】

 

鹿島様はかなり広いです!
おススメしたい場所、紹介したい場所はたくさんあるのですが、
いくつか絞ってご紹介します。


内緒にしたいところもありますし( ̄▽ ̄)(ボソッ

 

 

1、遙拝所

 

鹿島神宮の正面の鳥居をくぐってまっすぐ、
手水社があるばしょのすぐ手前、
左側にいくつかのお宮が集まっている場所があります。
その中心には、二つの鹿島様の摂社の遙拝所があります。

 

鹿島様の摂社二社は、鹿島神宮から距離があり、
なかなかに参拝が難しいため、
鹿島様の境内の中にわざわざ遙拝所が作られているのです。

 

ここの場所はエネルギーがわかる方は
他と違う感覚を受け取られるかもしれません

 

鹿島様の境内の中でも特に重厚感があり、
畏れ多くも感じるパワフルな場所の一つです。

 

2、奥社

 

次は言わずもがなの奥社様
武甕槌大神の荒魂が祭られているといわれています。

 

もうここは百聞は一見に如かず!
写真を見てただ感じてみてください!

f:id:rudraksha:20180220030402j:plain

鹿島神宮 奥社



 

 できたらご自身でご挨拶されてください

 

本当に自由で、雄大で、そして愛に満ちた
そんな神様がいる場所!
そんな自分が現れてくる場所なのです。
ただただ感謝です。

 

 

3、「要石」

 

「要石」は伝説の残る神聖な磐座です。その地下で地震を起こす大鯰を抑え込んでいるとも伝えられています。とにかく何かを守っている場所。特別な場所です。

 

ただ僕の個人的な意見としては、ご自身のハートに導びかれて「御礼」「ご神事」「ご奉納」がしたい、そう感じる方だけがいかれればよいのではと思います。

 

私は鹿島様を参拝させていただく時も、数回に一回程度しか要石には行きません。
もちろん特別な磐座です。けれども、ただご挨拶に行くような場所とは違うよなあと感じています。
またここは特に我欲のお願い事をしてはいけない場所だと思っています。

 

 

4、御手洗池

 

鹿島様の清浄な湧水がわく、祓い清めの池です。かつては皆、この地で禊をしてから参拝しました。伊勢神宮五十鈴川のような祓い、浄化の象徴なのです。

 

手を清めて、おいしいお水をいただいて、体の中まで清めましょう。水汲みして持ち帰ることもできます♪

 

 この周辺、歴史的にも本当に聖地ですし、御手洗池そのものを中心にいまでも素晴らしいところなのですが、数年前に比べてしまうと、なんとなーくすこしくたびれてしまっているように僕は感じています。

 

まあいろいろあったようです・・・。
湧水の湧いていた場所が台風で崖崩れがおこったり、御手洗池の脇にあった大木(ご神木?)が地震で崩れた正門の大鳥居の再建のために切り出されてしまったり、これはかなり前からですが、御手洗池すぐ横のスペースが、神宮ではなく鹿島市の公園となってしまい、公園入り口の崩れた鳥居がいつまでも復旧されなかったり。公園内の掃除がいきとどいていなかったり・・・。

 

ということで、このブログを見られた方で
鹿島様にいかれる方
もしよろしければお願いがございます。

 

御手洗池から公園側の奥のほうに大黒社様があります。
御手洗池周辺を司っているお宮なのだと思います。

 

 

もしよろしければ、このお宮様で、

神様の幸せ、鹿島神宮の幸せ、御手洗池周辺の清浄化」をお祈りくださいませんか?

 

その本当の祈りが重なれば、神様が喜ばれて、くたびれてきた場所も
いずれはもとの神聖な地へと戻っていくと思うのです。

 

このことは、もしかしたら、お水を飲むこと以上に、
あなたの内側の祓い清めにもなるかもしれません。

 

こういったご神徳(真徳)を積む行為も

パワースポットに行かせていただく、大事な理由なのだと思っています。

 

 

【ご利益的な話】

前にもお伝えしましたが、神社に行けば、それで特定の御利益がいただけるというのは少し違うと思っています。

 
ただ鹿島様の地域は当時の大和朝廷にとって国の最前線(その北は蝦夷、敵国でした)つまり国を維持し、国体を守るための重要拠点でした。

 

もし鹿島様でお願いをしたいのであれば、

 
いつものお願い

「私の人生をどうぞ人々の幸せのために、世界の成長と進化のために使ってください。私はそのために自分の使命を生きていきます」

 

あるいは

「この国の人々、すべてが平和で幸せでありますように」

 

そういった願い事が良いのではないかと思います。

国を守ってくださる強い強い守護神様です。

 

 

↓詳しい、神社、パワースポットでの参拝の仕方↓

心構えは良ければ、こちらをご参考ください!

 


 

 

 

【結論】

 

とにかく僕は「鹿島様」大好きです♪

ずっと大事にしているお宮様です。
よかったらぜひ参拝されてください♪

 

 

 

 

↓【 パワースポット紹介2】↓

 

bodaijyu.hatenablog.com